off nibroll ワークショップ

Posted by scansendai on 2007 年 12 月 16 日 – 2:52 午前

off nibroll のワークショップ、本日開催しました。
満員御礼のワークショップには、こどもから大人まで、また、ダンス経験のある人から、全く初めてという人まで、様々なバックグラウンドを持つ人が参加してくださいました。
まずはじめは、矢内原さんのリードによるウォーミングアップ。体をほぐしつつ、ワークショップの場の雰囲気をつくりあげてゆく手腕はさすがの一言。普段はクールな雰囲気のギャラリーが、さながらダンススタジオのような熱気に包まれた場へと一気に変わってゆきました。
身体も心もほぐれた後は、「うれしい、悲しい、有頂天」などといった感情を手だけで表現してみることからはじめ、そこから個々の「振り」を立ち上げ、さらにグループワークへと発展させてゆきました。その後は、高橋さんのリードのもと、それを映像に記録し、怒濤の2時間のワークショップは終了。
一つのしぐさから、一連の動きまで創り上げ、さらに映像として記録する。2時間の中に様々な要素の詰まったワークショップは、「映像」と「身体」の関係性を問う作品を創り出し続けるoff nibrollならではのものだったのではないでしょうか。

本日撮影した映像は、これから高橋さんの手によって編集され、現在展示されている映像作品《HOWL》の一部となる予定です。会期中に間に合えば、展覧会場でも紹介されるかも?ご期待ください。

なお、本日、一日の入場者数が1000人を越えました!
ページェント点灯後の6階ギャラリーは一見の価値あり、です。皆さんのご来場、心よりお待ちしています。

(T.H.)

まずはみんなでウォーミングアップ
まずはみんなでウォーミングアップ
振り付けのアドバイスをする矢内原さんと高橋さん
みんなの振り付けにアドバイスをする矢内原さんと高橋さん
最後の撮影はちょっと緊張?
最後の撮影はちょっと緊張?